セット研修

セット研修

基礎研修応用研修を、セットで連続して受講できます。東京と大阪で各1回開催します。 応用研修についてはこちら

セットで連続して受講することで、通常2会場、5日間(基礎3日、応用2日)で受講するところ、1会場で4日間と、短い期間で修了できます。まとめて集中的に学習したい方向けの研修です。  セット研修のカリキュラム

②セットで受講することで、受講料が割引約5,000円(消費税込))になります。
 セット研修の受講料 :42,680円消費税込、テキスト等教材費込) 
  
(参考)
基礎研修受講料:27,500円    応用研修受講料:20,350円

東京10/21(水)~23(金)午前の「基礎研修・東京(3)10/23(金)午後~24(土)の「応用研修・東京(2)」を、セットで連続して受講することができます。定員は内数で36名です。

大阪11/18(水)~20(金)午前の「基礎研修・大阪(2)」11/20(金)午後~21(土)の「応用研修・大阪(1)を、セットで連続して受講することができます。定員は内数で36名です。

応用研修には一定の受講資格(基礎研修修了者、弁護士、社会保険労務士等)がありますが、セット研修では基礎研修を修了してから続けて応用研修を受講するので、基礎研修修了者として受講することができます

※基礎研修、応用研修をそれぞれ単独で受講することもできます
 

【セット研修カリキュラム(基礎研修+応用研修)】   
  1日目(水)
(基礎)
2日目(木)
(基礎)
9:30~11:00  
事例的研修(1)
事例研究
(労働審判制度を中心とした労働紛争解決システムの全体像)
(争点の把握・法の適用(1))
11:15~12:45
事例的研修(2)
事例研究
(争点の把握・法の適用(2))
  受 付 13:00~13:20
●オリエンテーション 13:20~13:30
 
13:30~15:00
労働法(1)
労働契約の基礎
(契約法の考え方・労働関係の規律根拠)
労働法(4)
賃金・労働時間
15:15~16:45
労働法(2)
労働契約の開始と展開
(付随義務・人格権保護等を含む)
労働法(5)
雇用均等・非典型雇用
17:00~18:30
労働法(3)
労働契約の終了
労働法(6)
集団的労使関係と法
 
  3日目(金)
午前(基礎)/午後(応用)
4日目(土)
(応用)
9:30~11:00
事例的研修(3)
事例研究
(争点の把握・法の適用(3))
事例的研修(2)
事例の法的分析
11:15~12:45
事例的研修(4)
事例研究
(争点の把握・法の適用(4))
事例的研修(3)
事例の法的分析
(11:10~12:40)
 
午後から応用研修
●オリエンテーション 13:40~13:45
 
13:45~15:00
最近の労働立法・判例の動向(1)
最近の労働立法・労働判例の解説
個別労働紛争解決トレーニング
紛争事例を用いての
中立的解決プロセスの実践的研修
(13:30~16:30)
 
15:15~16:30
最近の労働立法・判例の動向(2)
最近の労働立法・労働判例の解説
16:45~18:15
事例的研修(1)
事例の法的分析
 

応 用 研 修 内 容

・「最近の労働立法判例の動向」「事例的研修」「個別労働紛争解決トレーニング」により構成されています。
・講師は、著名な労働法学者労働事件に関する経験が豊富な弁護士(労・使)が担当します。
1.最近の労働立法・
  判例の動向
講義を通して最新の法改正や労働判例の動向について理解を深めます。
講師は、著名な労働法学者が担当します。
2.事例的研修
 
最新の法改正や喫緊の労働課題を盛り込んだ紛争事例を用いて、具体的な労働紛争解決のあり方を学びます
グループ討議(1グループ最大6名)を通じて、複数の事例を検討することにより、実践的な対応力の修得を目指します。
講師は、事例的研修(1)は著名な労働法学者が、事例的研修(2)、(3)は労働事件に関する実務経験が豊富な弁護士が担当します。
3.個別労働紛争解決
  トレーニング
労働事件に精通した弁護士が本講義用に作成した労働審判事件を素材に、法律問題の把握・争点の整理・証拠調べ・解決案(調停案)の検討など一連のプロセスを学びます
  グループごとに「労働者側」、「使用者側」、中立の「労働審判委員会役に分かれ、模擬労働審判(ロールプレイ)を行います
それぞれの立場・役割を通して、紛争解決のあり方、進め方を実体験します。
  講師は、労働問題に精通し、多くの労働事件を手掛けてきた弁護士が担当します。
事例的研修」「個別労働紛争解決トレーニングの目的は単なる知識の習得ではなく、より実践的な個別労働紛争解決スキル
 を養うこと
にあるため、グループ討議講師とのやりとりに、受講者自身が主体的に参加することが求められます

 

カリキュラム

【応用研修カリキュラム】(「東京(2)」「大阪(1)」以外の会場)
1日目
   12:40~13:55  14:05~15:20 15:30~17:00
受付(12:15~35)
オリエンテーション
(12:35~40)
最近の労働立法・判例の動向(1)
最近の労働立法・労働判例の解説
最近の労働立法・判例の動向(2)
最近の労働立法・労働判例の解説
事例的研修(1) 
事例の法的分析 
 
2日目 
 9:30~11:00  11:10~12:40  13:30~16:30
 事例的研修(2) 
事例の法的分析
 事例的研修(3) 
事例の法的分析 
 個別労働紛争解決トレーニング
 紛争事例を用いての
中立的解決プロセスの実践的研修
 
【応用研修カリキュラム】(「東京(2)10/23・24」「大阪(1)11/20・21」)
1日目
   13:45~15:00  15:15~16:30 16:45~18:15
受付(13:15~40)
オリエンテーション
(13:40~45)
最近の労働立法・判例の動向(1)
最近の労働立法・労働判例の解説
最近の労働立法・判例の動向(2)
最近の労働立法・労働判例の解説
事例的研修(1) 
事例の法的分析 
※「東京(2)」「大阪(1)」は、基礎研修と連続してセットで受講することができる研修のため、1日目の講義時間が異なります。応用研修単独で受講することもできます。  (セット研修

2日目 
 9:30~11:00  11:10~12:40  13:30~16:30
 事例的研修(2) 
事例の法的分析
 事例的研修(3) 
事例の法的分析 
 個別労働紛争解決トレーニング
 紛争事例を用いての
中立的解決プロセスの実践的研修
 
応用特別研修≫  
 
従来の応用研修より1日多い3日間で実施し、カリキュラムは、講義時間増の要望の多かった「事例的研修の講義時間を4時間30分から9時間に倍増し、最近の労働立法・判例の動向の講義時間を2時間30分から3時間に増やしたより内容の濃いものとなっています。

 【応用特別研修(2021/2/4~6)カリキュラム】   
1日目 2021年2月4日(木)
   13:45~15:15  15:30~17:00
受付(13:15~13:40)
オリエンテーション(13:40~13:45)
最近の労働立法・判例の動向(1)
最近の労働立法・労働判例の解説
最近の労働立法・判例の動向(2)
最近の労働立法・労働判例の解説

2日目 2021年2月5日(金) 
9:30~11:00 11:15~12:45 13:45~15:15 15:30~17:00
事例的研修(1)
事例の法的分析
事例的研修(2)
事例の法的分析
事例的研修(3)
事例の法的分析
事例的研修(4)
事例の法的分析
 
 3日目 2021年2月6日(土) 
9:30~11:00 11:15~12:45 13:45~17:00
事例的研修(1)
事例の法的分析
事例的研修(2)
事例の法的分析
個別労働紛争解決トレーニング
 紛争事例を用いての
中立的解決プロセスの実践的研修
 

受講資格

・個別労働紛争解決研修(基礎研修)修了者
・労働審判員
・社会保険労務士
・弁護士
・都道府県労働委員会等の委員又は職員で個別労働紛争解決業務等に従事している方
・東京労働大学講座(専門講座)労働法コースの修了証書を授与された方
・東京労働大学講座(総合講座)
   ①労働法部門を受講した方又は一括受講した方で、
   かつ
   ②労働法の試験の課目を合格し修了証書を授与された方

セット研修の応用研修は、基礎研修を修了してから続けて応用研修を受講するので、基礎研修修了者として受講することができます。

 
セット研修の詳細はこちら

2020(令和2)年度開催日程・会場

東京(1)(9/25~26) 札 幌 (10/16~17) 東京(2) (10/23~24) 金 沢 (10/30~31)
仙 台 (11/6~7) 東京(3) (11/12~13) 大阪(1) (11/20~21) 岡 山 (11/27~28)
東京(4) (12/4~5) 福 岡 (12/11~12) 横 浜 (12/18~19)  
 2021(令和3)年
東京(5) (1/9~10)

名古屋 (1/15~16)

大阪(2) (1/29~30)
 応用特別 東京 (2/4~6)  ※事例的研修のカリキュラムを強化した3日間の研修

受講料

■応用研修
 20,350円(消費税、教材費等込)

■応用特別研修
 28,490円(消費税、教材費等込)

【受講料割引制度】

 2020(令和2)年度に応用研修、応用特別研修を受講する方で、下記の方受講料を3,300円(消費税込)割引きます。
 ①基礎研修を2019(令和元)年度または2020(令和2)年度に修了した方
  または
 ②応用研修(応用特別研修)を2018(平成30)年度~2020(令和2)年度に修了した方

 受講料割引対象者の受講料

  ■応用研修  17,050円(消費税、教材費等込)

  ■応用特別研修  25,190円(消費税、教材費等込)

なお、セット研修につきましては、より割引額の多い「セット研修受講料」を設定していますので上記の割引は適用になりません

ページトップへ