監理責任者等講習

監理責任者・指定外部役員・外部監査人・その他監査担当職員等が受講対象です。

監理責任者 監理団体の事業所における監理事業の責任者です。 監理団体は、監理事業を行う事業所ごとに、過去3年以内にこの講習を修了している者を監理責任者として選任する必要があります。
指定外部役員・
外部監査人
指定外部役員は、監理事業を行う各事業所に3か月に1回以上、監理団体の設備・書類等を点検し、監査等の業務が適正に行われているか確認し書類を作成するなどします。 外部監査人は、監理団体の各事業所に1年に1回以上監査担当職員の監査に同行し、監査が適正に行われているかを確認し、結果を記録した書類を監理団体へ提出します。 指定外部役員や外部監査人には、監理団体や実習実施者と密接な関係を持たないものであって、この講習を過去3年以内に修了している者であることが必要です。
その他監査担当職員 監理団体の監査を担当する職員です。監理業務に関する知識を習得し、理解を深めようとする方などが対象となります。

講習開催スケジュール

開催スケジュールはこちら

2017年12月から2019年3月末までの間に全都道府県で各2回以上開催します。開催日程は決まり次第、公表します。

講習における質問と回答

会場ごとのご質問に対する回答はこちらをご覧ください。

受講料

監理責任者等講習 12,000円(消費税込、テキスト代込)

お振込み口座番号等は、お申込いただいた後、メールでお知らせします。
ただし、先着順のため、定員をオーバーした場合には、他の講習機会をご案内します。

カリキュラム・講義時間

標準的なカリキュラム・時間

監理責任者等講習(講義・テスト・解説で合計7時間)
時間 講義時間 内容
8:30   開場
8:30~9:00   受付
9:00~10:00 60分 講義① 外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律について
10分休憩
10:10~11:40 90分 講義② 労働関係法令について
休憩(昼食)60分
12:40~13:40 60分 講義③ 出入国管理及び難民認定法について
10分休憩
13:50~14:50 60分 講義④ 監理団体としての職務遂行上の留意点について
10分休憩
15:00~16:00 60分 講義④ 監理団体としての職務遂行上の留意点について(続き)
16:00~16:15 15分 講義⑤ 個人情報の保護の取扱いに係る技能実習法の遵守と公正な採用選考の推進について
10分休憩
16:25~17:10 45分 理解度テストの実施及び内容の解説
17:10~17:40 30分 監理団体としての職務遂行上の留意点について(理解度テストの範囲対象外)
17:40~17:50 10分 受講証明書交付

ページトップへ