2022(令和4)年度 応用研修

募集を開始しました。
応用研修は、個別労働紛争解決のスキルアップのための実践的研修です。基礎研修修了者や個別労働紛争解決の基礎知識や経験を有する方々を対象に、2006(平成18)年度から実施しています。

基礎研修修了・社会保険労務士・弁護士など一定の受講資格が必要です。

最近の法改正や労働判例の動向について理解を深めるとともに、実践的な事例研究模擬労働審判トレーニングを通じて、解雇・雇止め労働条件の引き下げハラスメント等、複雑化・多様化する紛争事案に対応する能力の修得・向上をめざします労働審判員としてのスキルアップにも役立つ研修です。

継続的な受講のお勧め
労働紛争を解決していくためには、法令判例労働政策等最新の動きについて常に把握、理解しておかなければなりません。このため、研修については一度受講して終わりということではなく、定期的に受講することが望まれます。
具体的には、①基礎研修を受講した年又はその翌年に応用研修を受講、②応用研修を受講した後2年以内毎に再度応用研修を受講、というのが望ましい受講パターンです。

こうした継続的な受講を後押しするため受講料割引制度を設けています。この割引制度を活用し労働紛争解決能力のステップアップ、ブラッシュアップを図りましょう。  
 

受 講 状 況

2021(令和3)年度までに、労働組合関係者、企業の人事労務担当者をはじめ、社会保険労務士、弁護士や労働関係の公務従事者等々、約5,500名の方々にご受講いただきました。受講者の皆様からは、「勉強になった」「有益だった」「実践的で良かった」等の声が多く寄せられており、2度3度繰り返し受講される方も数多くおられます
 
受講者の声(受講者アンケートよりカリキュラムごとに抜粋)
最近の労働立法・判例の動向(事前学習)
  • 労働立法の理解が進み、判例に対する考え方も掘り下げて知ることができた。
  • 労働立法・判例の動向について理解でき、定期的に受講したいと思った。
  • 近年の立法・改正は広範囲でかつ細かい項目も多かったが、レジュメがとても分かりやすく、丁寧な説明で良く理解できた。
  • 重要な事項判例の解説の説明が大変有益で、今後の業務に役立たせたい。
  • 講師の説明が丁寧で、初心者の私にも十分理解できた。
  • 論点が分かりやすくレジュメにより重要なポイントの理解が進んだ
事例的研修①(事前準備)
  • 労働法(総括)の内容につながる説明だったので、研修日のポイントがつかみやすかった。
  • オンデマンド配信なので、繰り返し視聴して自分の考えを整理した。
  • 詳細な説明があり、理解促進につながった。
事例的研修②③
  • 判例や条文を交えた説明分かりやすく論点整理の仕方が理解できた。
  • 事例にかかわる法律判例が良く分かった今後の実務に活かせる講義だった。
  • 実務経験を踏まえた説明業務にも役立ち勉強になった。
労働法(総括)
  • 課題の整理をする基本的なことを改めて学ぶことができた。
  • 事例的研修①(事前学習)と相まってとても効率的に学習ができた。
  • 他の受講者講師から参考になる話たくさん聞くことができた。
個別労働紛争解決トレーニング
  • 分かり易やすい説明と指導により理解が進み紛争解決の進め方や考え方大変参考になった。
  • 実際の紛争解決に向けて学ぶことができ、他の受講者の意見も聴くことができて有意義だった。
  • 実際に論点整理、解決案の議論を通して事例を考えることができて良かった。
  • 尋問の考え方や仕方を学ぶことができ、実践的で参考になった。
  • 実践的論点の見つけ方尋問の方法などが良く理解できた。
  • 事例を掘り下げて検討するでき、大変良かった。
  • 丁寧で分かりやすく実務的でこれからの業務に役立たせたい。
  • いろいろな参加者と意見交換ができた有意義な研修だった。
  • 立場が変われば意見も変わるので、グループ討議は勉強になった。
  • 実際の労働審判の進行を学ぶことができ、本番をイメージすることができた。大変参考になった。
     

応用研修の満足度
(2021(令和3)年度応用研修受講者アンケートより)
 

ページトップへ